折込チラシのご相談は!



banner_security



【1/24】バロック・コンサートin歴博2021

2021年1月24日(日)13:30開演(開場13:00)
これまでは博物館ロビーで開催しておりましたが、コロナ禍状況下での開催ですので、人数制限などがあり、講堂での開催になり、ハガキでの申込が必要になりました。
【会場】横浜市歴史博物館 講堂
【演奏】湘南バロック・アンサンブル 指揮 竹内洋伸
【募集人数】80名(応募者多数の場合抽選)
【参加費】200円
【申込方法】往復はがき(1人1通)
①イベント名
②〒住所
③氏名(ふりがな)
④電話番号
⑤どこで開催を知ったか
を明記の上、下記宛へお申し込み下さい。
(送り先)〒223-0066 横浜市港北区高田西3-15-11
横浜歴博もりあげ隊事務局 杉木 宛
【申込締切】2021年1月15日(金)(当日必着)
【問合せ先】
横浜歴博もりあげ隊事務局
TEL 080-4896-4677(12月5日以降の9:00~17:00)

【1/9~1/17】コロナに負けるな!青葉チャリティーラン ~新春リモートチャレンジ~

2021年1月9日(土)~ 1月17日(日)
青葉区体育協会主催、青葉区役所共催で「コロナに負けるな!青葉チャリティーラン ~新春リモートチャレンジ~」を開催します。新型コロナウイルス感染症対策にご尽力いただいている方々に、オンラインマラソンでチャリティー支援するとともに、運動不足や体力低下を感じている区民の皆様のために、スポーツを始めるきっかけづくり・健康づくりにつながるイベントを実施します。なお、今回は順位は競いません。
※オンラインマラソンとは・・・
指定アプリによるGPS計測により行うマラソンです。「日時」「場所」を分散して実施できるため、3密を避けて開催します。各自が指定の期間内にご自分の好きなタイミングで、好きなコースを走れるのが特長です。青葉区オリジナルTシャツを着て、一緒に参加しましょう。

【募集期間】11/13(金)~12/11(金)
【種目】ファンラン(21.0975㎞ ハーフマラソン相当距離)
【参加資格】青葉区在住・在勤・在学の方かつアプリをダウンロードできる方
【制限時間】なし ※指定期間内に合計走行距離が21.0975㎞に達すること
【参加費】2,000 円(チャリティー費500円含む) ※チャリティー費は新型コロナウイルス感染症対策に役立つ物品を購入し、区内の医療従事者の皆様に寄付させていただきます。
【完走証】完走者専用ムービー
【主催】青葉区体育協会
【共催】青葉区役所
【参加者特典】青葉チャリティーランオリジナルTシャツ

※イベント詳細・お申込みについては青葉区HPをご覧ください

【お問い合わせ先】

横浜市青葉区役所地域振興課
TEL.045-978-2296

【11/14・11/28・12/5】日本語ボランティア入門講座

全3回完全WEB講座です!自宅から参加出来ます!
2020年①11月14日(土)②11月28日(土)③12月5日(土)13:30~16:30
ZOOMによるオンライン講座
【参加費】
全3回 3千円
申込み開始日:2020年10月11日 定員:35人 (全着)
講師:吉田聖子先生(人材育成コーディネーター)
対象者:外国人向けの日本語教室でのボランティア活動に興味がある方、全3回参加できる方
内容:日本語の教え方、文法の基礎知識
申込先:青葉国際交流ラウンジ
http://aoba-lounge.com
詳細は青葉国際交流ラウンジホームページをご覧ください
【お問い合わせ先】
横浜市青葉国際交流ラウンジ
【E-mail】aobaloungeintl89h1@t07.itscom.net

【9/26~12/13】ショーケースギャラリー大野陽生展

2020年9月26日 ~ 2020年12月13日 9:00~21:00
【場所】横浜市民ギャラリーあざみ野 エントランスロビー
【参加費】観覧無料
※9月28日(月)、10月26日(月)、11月23日(月・祝)休館
モデリングの手法で、人型の塑像を制作する大野陽生をご紹介します。大谷石やパテ、ワックスなどの軽量な素材を用い、作家の手の痕跡を残しながら制作された小さな像について、作家は「パーソナルな、お守りのようなものでありたい」と言います。日常の中で見出された作家の興味を反映させた人型は、その慎ましやかで素朴な造形が、生活の場の祈りの中で生み出されたロマネスク彫刻やイコンを想起させる一方で、軽やかでユーモラスでもあり、現代的なフィギュアを思わせます。
【大野陽生】
人型の彫刻を石芯塑造といわれる技法(石を丸彫りして心棒を作り、その上から粘土を盛ってモデリング造形をする技法)から着想を得て制作している。ロマネスク彫刻や日本の道祖神のような、環境に沿ったささやかな悦びだったりを表すものや、生活の中から生まれるある種の「切実さ」みたいなものに心を惹かれる。宗教とは別の信仰心がそこにはあると考え、自分の立場や環境を残す・記録するためのものとして作品発表をしている。
横浜市民ギャラリーあざみ野
〒225-0012 横浜市青葉区あざみ野南1-17-3
TEL 045-910-5656

このページのTOP